ホーム > 交通事故による外傷

交通事故による外傷

交通事故による外傷は、通常の生活で起こるケガや痛みとは比べ物にならないほどの大きな外力により発生します。当然ケガも重傷となりその治療も長期化しやすく、また特殊な治療を必要とする場合も多く見られます。

被害を受けられた方にとって長期にわたる痛みや治療に対しては、尽きることのない不安でいっぱいだと思いますが、一日も早く 『痛みの無い生活』 を取り戻すためには、正しい治療を受けるだけでなくご自身のケガや痛みについて、正しい知識を持つこともまた重要なことです。

このページでは、むち打ちをはじめとして交通事故により引き起こされる様々なケガや痛みについて、ご説明いたします。

 

むち打ち症(外傷性頸部症候群)  ・胸郭出口症候群  ・椎間板ヘルニア  ・腰椎捻挫 
脳脊髄液減少症  ・高次脳機能障害  ・骨折、脱臼  ・打撲、捻挫、挫傷 ・CRPS/RSD ・PTSD