ホーム示談の進め方 > 車両格落ち損害(評価損)

車両格落ち損害(評価損)

破損してしまった車、修理に出しても完全に直らなかった場合など、下取り価格も下がってしまいます。事故前との差額を払ってもらうのが、格落ち損害です。

 

【格落ち損害額の算定】

この金額は、修理費をもとにその30%ほどを格落ち損として認めるのが一般的です。また、事故前後での査定額を実際に出してもらい、その差額を評価損とする方法もあります。

 

【どのような場合に支払われるか】

修理後の現状回復不能箇所の残存等のケース

 ・塗装など外観上に僅かな色むらや変色化が残る
 ・車の性能が落ちる
 ・走行時ハンドルが振れる、車体の振動、異音がするなど
 ・車の機構や部品に不具合な部分が生じる
 ・修理の不具合から車の使用期間が短縮

交換価格の低下等を理由とするケース

 ・事故歴により下取り価格が低下

 

【実際の査定額】

事故前後の査定額の算出により、損害額が支払われることもあります。無料査定で実際にどの程度査定が下がったか確認してみましょう。

 ・日本最大の車買取ネット~全国対応・愛車無料査定

 

▲ページのトップへ