ホーム > 自賠責の限度額

自賠責の限度額

自賠責保険(自動車賠償責任保険)とは、自動車事故により人の生命又は身体が害された場合における損害賠償を保障し、被害者の保護を図ることを目的とした保険で、車検期間に有効な自賠責保険の加入が義務付けられていることから、俗に強制保険とも呼ばれています。傷害事故、後遺障害を残した事故、死亡事故について請求することができます。

自賠責保険で支払われる損害と限度額は次の通りです。(※平成14年4月1日以降に発生した場合)

傷害事故の場合は、積極損害(治療関係費)、休業損害および慰謝料が支払われます。なお、物的損害については支払われませんが、被害者が負傷した際、義肢・メガネ等身体の機能を補う物が破損した場合には、例外的にその費用についても支払われます。

 

被害者一名につき、

・傷害による損害 最高120万円

a.治療関係費

診察、入院、投薬、手術、治療にかかる費用及び診断書の発行にかかる費用、通院にかかる交通費(タクシー代など)

b.文書料

交通事故証明書、被害者側の印鑑証明、住民票等

c.休業損害

原則として1日5700円。立証資料等によりこれを超えることが明らかな場合、1日につき19000円を限度としてその実額が支払われます。 ※専業主婦の方も請求が可能です。

d.慰謝料

1日につき4200円が支払われます。

 

・後遺障害による損害 最高4000万円 (※限度額は等級別に定められています。)

・死亡による損害 最高3000万円

 

損害賠償額が上記の限度額を超えた場合は、任意保険からの支払いとなります。任意保険の支払い保険金は契約内容により限度額が変ります。また任意保険は過失割合(加害者と被害者の過失の程度)により過失相殺を行い賠償額の減額が行われます。

過失割合の認定については、運転者あるいは歩行者が道路交通法などに規定されている注意義務を怠っていなかったか、どちらの当事者に交通法規上の優先権が認められるのかを基本要素とし、さらに修正要素として事故発生時間、交通事情、道路状況、双方の車種や事故当時の走行速度などといった諸要素を加味して妥当な過失割合を認定していくことになります。

なお、自賠責保険においては被害者保護の観点から過失相殺は行わず、被害者に 『重大な過失』 があった場合についてのみ2割の 『重過失減額』 が適用されることになっています。(重大な過失とは被害者側の過失が8割を超えた場合で、赤信号を無視して横断歩道を渡ったり、自転車で走行中の車両に横から衝突して転倒といった場合などです。)自賠責算定委員会が 『民事訴訟法における過失相殺率の認定基準』 に従い判定します。

損害賠償額(治療費・交通費・休業損害・慰謝料など)は、被害者側が請求しなければそのままで示談にされてしまいます。実際の損害は全て請求いたしましょう。

 

自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準(PDF)

 

▲ページのトップへ